アジア開発キャピタル株式会社 | 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル9階

海外事業

【事業実績】

MABUHAY / IRC(フィリピン)
mabuhay / IRC現在、フィリピンMABUHAY社、IRC社を通じて現地の中堅ビジネスマン向けの宅地開発を行っております。本年3月までに既に1,634戸が完工、販売されました。現在、2,211万m2の土地の買収が完了しており、今後も引き続き、この土地の開発と宅地分譲を行って参ります。
ADCは、本プロジェクトの29.85%の持ち分を所有すると共に、MABUHAY社へのプロジェクト融資を行っております。
アルツハイマー型高齢者介護施設事業
中国では、2020年に60歳以上の人口が2.34億人(全人口の16%)に達します。
ADCは、サンフンカイグループの同仁医療グループ及び豪州Aveo社と共同で、上海にアルツハイマー型高齢者向け施設の建設・運営を準備中です。施設はすでにほぼ完成しており、今後は日本の認知症高齢者介護事業者と連携し、そのノウハウを活用し、運営を行う予定です。
同施設の運営開始に伴い、従来計画していた沖縄県南城市での施設建設は、本来の目的が達成されたため中止いたします。
ジャパン・フードタウン事業
ADCは、サンフンカイグループの一員である大洋百貨店(台北証券取引所上場)の中国福建省福州市内の百貨店の1フロアをマスターリースし、中国初の農林水産省認定(申請中)の日本食総合レストラン街を計画中です。
いわゆる「行列のできる日本食」を中心に、本年度中のオープンに向けてプロジェクトが進行中です。